still crazy after all these years

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 映画/ドラマ > 悪い奴ほどよく眠る (その2)

information


新ブログに引越しました。

https://sunshinenocturnal.tumblr.com

- - - - - - - - - - - - - - -


Minuano「宵街」Available on iTunes

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い奴ほどよく眠る (その2) 2016.03.05

昨日の続きです。

『悪い奴ほどよく眠る』で描かれたような悪事は大概わるい事だろう、と頭で理解まではしても、自分の生活からはかけ離れた世界のことゆえ、実感としては正直ピンと来ないものです。ましてや、そこにエンターテインメント要素を見出すのはなかなか難しいと思ってしまいますが、主人公の私怨を交えて復讐劇に仕立てることで、これが娯楽作に一変するわけです。(例えば金融モノなどでも、怨恨や報復のスパイスが付き物のような気がします。)自分には縁のない世界の犯罪には大した興味が湧かなくても、そこに誰かの個人的な想いが注入されると、話が一気に身近になります。やはり、物語を推進するのは人間の激しい感情。これに尽きます。

そんなわけで、主人公の怒りが原動力になって話がメラメラと燃え進む中、ヒロインの純真さが劇中で唯一の救いになってはいるのですが、最終的にはこの純真さえも呑み込んで己の餌にしてしまうところに、巨悪の巨悪たる所以を感じます。また、腐敗の象徴である父親の庇護下にあったからこそ、欲望にまみれた世間とは無縁の彼女の無垢が育まれたとも言えるわけで、それを想うとますます皮肉な話です。

もともと香川京子目当てで観たのですが、これほどまで物語の鍵になる役どころとは露知らず、思っていた以上に見応えありました。

2016marbdslpwll4.jpg

2016marbdslpwll3.jpg

2016marbdslpwll2.jpg

2016marbdslpwll1.jpg

『悪い奴ほどよく眠る』予告編より引用



Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。