still crazy after all these years

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 本、漫画 > 『江戸の告白』昌原光一

information


新ブログに引越しました。

https://sunshinenocturnal.tumblr.com

- - - - - - - - - - - - - - -


Minuano「宵街」Available on iTunes

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江戸の告白』昌原光一 2015.09.23

2015sepmshrkkhk.jpeg
江戸の告白/昌原光一 (モーニング KC)


発覚すれば死罪確定の重大な罪を犯した善良な男が
罪の意識に取り憑かれて正気を失って行くという、
サイコホラーの趣きさえ漂わせるダークな人間絵巻。

江戸の街に暮らす人々の喜怒哀楽を
主として題材にする著者の作品には、
温かみや優しさだけでなく、
酸いも甘いも噛み分けたような、
あるいは清濁合せ呑んだような
そんな懐の深さを感じさせる逸話が多く、
本作もその極致といったところでしょうか。

男の心が次第に壊れていくさまを筆頭に
登場人物たちのドロッとした暗黒心理描写を
的確な表情や仕草で見せる画力の高さとあいまって、
それはもう壮絶な出来映えです。
これが壮絶でなくて、何が壮絶か。
そしてこの壮絶は、読者であるわたし(やあなた)が
それぞれ日常で向き合う壮絶の投影でもあるのです。

そうやって展開する厳しい人間模様は、
この江戸時代に、とある人々の間でたまたま起きた
偶発的事件であるというだけでなく、
輪廻の果てまで繰り返される因縁なんですよ。

と、そういう含みまで持たせてしまうような
「因果はめぐる糸車」的スケールの大きさにも、
単なる時代劇漫画という杓子定規のカテゴライズを
遥かに凌駕する普遍性さえ感じてしまいます。

心躍るような物語では全然ないけれど、読み手としては、
ワクワクドキドキするより他にどうしようもないのです。



Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。