still crazy after all these years

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 映画/ドラマ > チャイナタウン (1974)

information


新ブログに引越しました。

https://sunshinenocturnal.tumblr.com

- - - - - - - - - - - - - - -


Minuano「宵街」Available on iTunes

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナタウン (1974) 2015.03.02

2015febchtwnpstr.jpg


1930年代のロサンジェルスを舞台にしたフィルムノワール。
元警官の私立探偵が依頼を受けた浮気調査は
すぐに片付く仕事のはずだったが…。


運命に翻弄されて為す術もない人の世の虚無と絶望。
のようなものがひとつのテーマでしょうか。

意外にも
「チャイナタウン」での出来事が描かれるわけではなく、
チャイナタウンは主人公が抱えるトラウマ的心情の
いわば象徴に過ぎないのですが、その辺も含めて脚本が絶品。

粗野な風体に一抹の純情を漂わせるジャック・ニコルソン、
美しいが、どこか儚げで謎めいたフェイ・ダナウェイ、
並外れた鷹揚さがいかにも巨悪を思わせるジョン・ヒューストン等々、
キャストも最高。本当に最高。これが最高でなければ何が最高か。

などと言っていますが、以前テレビ録画を見た時は
寝ぼけているうちに終わってしまいました。

あまりにシブ過ぎる内容なので、
スクリーンで観て初めて世界観に没入できる。
そういうタイプの映画かな。
と思いました。(丸っ切り言い訳)

十指に入るほど好きな映画の一本に
ウディ・アレンの『アニー・ホール』がありますが、
その割りに三度目までは毎回寝ていたし、
まあそういう事もありますね。



Comments

name
comment
Bill McCreary : URL

2015.03.04 Wed

私はあいにくこの映画はDVDで初めてみたのですが、前にもコメントしたかと思いますけど、ラストで殴られたような衝撃を受けました。Wikipediaにもありますように、ポランスキーと脚本のロバート・タウンの間で、ラストは相当厳しい対立があったようですね。でもやはりこの映画は、あのラストに限る、と思います。ogatさんはいかがお考えですか。

>などと言っていますが、以前テレビ録画を見た時は
寝ぼけているうちに終わってしまいました。

それわかります。脚本が複雑ですから。そういう意味でいうと、この映画を劇場で見る機会を与えてくれた「午前十時の映画祭」には感謝したいですね。私の方の記事にも書きましたように、「ライアンの娘」を見られるのもうれしいところです。

ところで話は全く違いますが、ポスターのイラスト、似ているかどうかというとちょっと似ていませんね(笑)。

ogat : URL

2015.03.04 Wed

>Bill McCrearyさん

イラスト微妙に似ていないですよね(笑)。
昔の映画館によくあった手描きの看板にも
まるで似ていないのがよくあって、あれはあれで面白かったですが。
チャイナタウンのラストは強烈ですが、だからこそ、
この映画が歴史に残っている気がします。
「ライアンの娘」は、子供の頃に憧れて未見のまま今に至る一本なので、
私も楽しみです。本当、午前十時は素晴らしい企画ですよね。
また2015年も続くのがうれしいです。

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。